• ダイエットティー

たんぽぽコーヒーとたんぽぽ茶、どっちが飲みやすいの?

たんぽぽコーヒーもたんぽぽ茶も厳密には同じものですが、印象としてはコーヒーの名前を使ったほうが苦いようにも感じるものです。

 

明確な定義があるわけではありませんが、全く同じものですから安心して飲むことができます。

 

原料はたんぽぽの根茎となりますが、葉が含まれる場合もあります。

 

根茎をよく焙煎することによって、複雑な芳香が生まれます。

 

たんぽぽ茶を淹れたときの色はコーヒーのように黒くなるために、たんぽぽコーヒーとも呼ばれるわけです。

 

厳密にはお茶となるものですが、コーヒーの代替品として使われるために、たんぽぽコーヒーと呼んでもおかしくはありません。

 

コーヒーが苦手な人にとっては飲みにくいと感じるものですが、牛乳などを混ぜることによって飲みやすくすることもできます。

 

たんぽぽコーヒーはノンカフェインとなるのが特徴ですから、妊婦や入院中の人でも飲みやすい飲料です。

 

カフェインが含まれないのですから、豆のコーヒーと同じではありません。

 

とても胃腸にやさしい飲み物となりますから、子供にも向いています。

 

たんぽぽコーヒーとたんぽぽ茶はどちらもカフェインがなく、本当は飲みやすいものです。

 

先入観にとらわれずに、まずは飲んで美味しさを試してみることがおすすめです。

バナー